困

先生!先生!!大変です!
投資信託の評価損益がマイナスになっちゃいました!!

笑

アイコちゃん、慌てないで!
落ち着いてどうすれば良いか、一緒に考えましょうね!

投資信託でマイナスの評価損益になると、買うファンドやタイミングを間違ったかと思ってしまいます。

実際にそうかもしれませんが、あわてないで今日の授業を聞いて対処していきましょう!

笑

今日の授業は評価損益がマイナスになった時の対応についてです。

  • 評価損益がマイナスになった時の対応について
  • マイナスで売る時の注意点

まずは、評価損益がマイナスになった時の対応から見ていきましょう!



Sponsered Links


評価損益がマイナスになった時の対応

toushishintaku_mainasu3

評価損益がマイナスになると、少し焦りますが、よーく考えてみてください。

当校で推奨している投資信託の買い方は長期を見すえた積立て投資です。

以前の授業で紹介した、『投資信託の選び方は?長期保有する場合のポイント!』を見て投資信託の基本を復習しましょう!

投資信託の基本をもう1度おさらいします。

■投資信託の基本

  1. 長期(主に老後)を見すえて、目標金額と積立て年数を設定する。
  2. 現在の余裕資金と、毎月積立て可能な額を設定する。
  3. 1、2を考慮して、必要な利回り(リターン)を設定する。
  4. 様々な資産クラスのインデックスファンドに分散投資する。
  5. ドルコスト平均法で毎月積立てる。

このような経緯で投資信託を積立て投資していれば、評価損益がマイナスになっても慌てる必要はありません。

世界経済は下のイラストのように波打ちながら毎年2%程度の上昇をしています。

toushishintaku_mainasu1

長期を見すえて株や債券を日本・先進国・新興国と様々な資産クラスに分散投資していればきっと目標に近づけることができるはずです。

投資信託の基本を忠実に実践しているのであれば、たとえマイナスの評価損益でもじっと待ちましょう!

投資信託の基本が実践できていなかったり、評価損益がマイナスの時に何らかの理由で売ることを考えている方に売り時について紹介します。

投資信託の基本を実践し直したくて売る場合

まずは、何が実践できていなかったのかを考えていきましょう。

その上で、現在投資しているファンドを見て、不必要であれば直ちに売却しましょう!

ポイント

ベストな買い時が分からないのと同じで、ベストな売り時も誰にも分かりません。

長期を見据えた時に、昨日・今日の基準価格は大した問題ではないです。

評価損益がマイナスの時に何らかの理由で売る場合

急な入用でお金が必要な時は、売るタイミングなんか待っていられないと思うので必要な額だけ今から売却しましょう!

全部売るのではなく、必要な額だけ売ることがコツです。

ポイント

売った後は長期計画を見直してまたイチから始めましょうね!



Sponsered Links


評価損益がマイナスの時に売った場合の注意点

評価損益がマイナスの時に売却した場合でも泣いてばかりではダメです。

確定申告をしましょう!

投資信託を解約したり分配金が出て利益がでた場合、通常は約20%の税金が引かれますが、確定申告をしていれば翌年からの3年間は繰越控除され利益と損失が相殺されます。

これを損益通算と言います。

toushishintaku_mainasu2

このように、翌年からの3年間でプラスになった場合は節税できるので確定申告を忘れずに!

一般口座や特定口座(源泉徴収なし)といった確定申告が必要な口座だけでなく、特定口座(源泉徴収あり)の取引で通常は確定申告が不要な方でも、確定申告をしておきましょう!

まとめ

  • 評価損益がマイナスになっても慌てない。
  • 投資信託の基本を押さえているならマイナスになってもじっと待つ!
  • 評価損益がマイナスで売る時は確定申告を忘れずに!

長期で投資信託を持っていれば、評価損益がマイナスになることは必ずあります。

マイナスになっていると不安になって売りたくなる気持ちはとても分かります。

でも、なんで自分は投資信託を始めたのかを思いだしてください。

きっと、長期の目標があってそのためにコツコツと積立ててきたんだと思います。

怒

今は苦しい時かもしれませんが、慌てずじっと待ちましょう!

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
元本確保しながら最低でも7%以上の利率が期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links