悩

NISAって銀行と証券会社で口座開設できるけど、どっちがいいんですか?

ポイント

断然、証券会社の方がいいですよ!(特にネット証券)

NISA口座を作ったり、金融機関を変更するならネット証券がおすすめです。

ネット証券には銀行にはない、様々なメリットがあります!

笑

今日の授業はNISA口座について

  • 銀行と証券会社どっちが良い?
  • 金融機関を変更する方法

この2つを中心に紹介します!

冒頭で、ネット証券がおすすめと言いましたがその理由も踏まえて、銀行と証券会社どっちが良いかをご紹介していきます。

NISAを開設するなら銀行と証券会社どっちが良い?

nisa_ginko1

NISAで資産運用する方のタイプは主に2つだと思います。

  1. 非課税のメリットを活かして短期的に儲けたい!
  2. 今後を見据えて、長期的に資産運用したい!

それぞれの方に向けて、銀行と証券会社どっちがおすすめかを紹介します。

①短期的に儲けたい方

NISAで運用できる金融商品は、株か投資信託(ETF、リート含む)のみです。

短期的に儲けるなら、投資信託よりも株の方がハイリスク・ハイリターンですが、利益が大きく得られる可能性があります。

銀行の場合は、証券会社と違い株式の取引ができないので、証券会社の1択になります。

証券会社の中でもおすすめの証券会社はSBI証券か楽天証券ですが、詳しい紹介は後にします。

②長期的に資産運用したい方

長期的に資産運用したいなら、株よりも投資信託の方が、株に比べてリスクが低く、それなりのリターンが見込めます。

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドがありますが、長期的投資するなら前者を選ぶべきです。

★なぜ長期の資産運用はインデックスファンドなのか?
インデックスファンドの投資は安定した資産運用をしやすく、長い目でみるとプラスになりやすいことが特徴です。
詳しくは『投資信託はインデックスファンドで積立てよう!その理由は?』をご参照下さい。

インデックスファンドの取り扱いは、株と違って銀行にも証券会社にもあります。

ですが、銀行と証券会社とでは、取り扱いの銘柄数に雲泥の差があります!

次の表が、主要な証券会社と銀行の取り扱い銘柄数の比較です。

投信取扱い本数
SBI証券 2,449本
楽天証券 2,418本
マネックス証券 994本
野村證券 751本
みずほ銀行 228本
郵便局 108本
※2017年5月12日時点



ご覧頂くとお分かり頂けると思いますが、銀行(ゆうちょ銀行含む)と証券会社では投資信託の取り扱い本数が歴然です!

取引手数料に関しては、購入するファンドによって、様々ですが証券会社の方が安い事が多いです。(特にネット証券)

笑

長期投資するのも銀行より証券会社の方がいいみたいだね!

悩

どこの証券会社がNISAに向いてるんですか?

どこの証券会社が良いのか?

おすすめはネット証券で、楽天証券かSBI証券になります。

ポイント

人によってはネット証券って怪しいと思われる方もいるかもしれませんが、
証券口座のNISAを含めた開設口座数は楽天証券は200万以上、SBI証券は350万以上の実績があって、利用者はたくさんいるから安心ですよ。

ネット証券というと、他にもマネックス証券やカブドットコム証券などが有名ですが、それらよりも楽天証券やSBI証券の方が取り扱い銘柄数が多いです。

長期投資の銘柄選びで大切なことは、手数料が安いことです。

★投資信託の手数料について
投資信託の手数料には購入手数料、信託報酬料、信託財産留保額の3つがあります。
それぞれを下記記事の中で紹介しています。詳細を知りたい方はチェックしてみてね!
投資信託のノーロードとは?馬鹿にならない手数料!

信託報酬料の安さなら、投資信託よりもETFだと群を抜いて安くなります。

あとは、ネット証券では投資信託を保有するだけでポイント還元されるので、オトクに資産運用できます。

主要ネット証券でのNISA口座内でのETFの販売手数料やポイント制度は下記の通りです。

国内ETF手数料 海外ETF手数料 投信保有ポイント還元
SBI証券 売買無料 買付無料
売却時は
約定代金0.45%
保有額1000万以上は年率0.2%、保有額1000万未満なら年率0.1%(1000ポイント800円)、有効期限3年
※インデックスファンドはポイント還元率が0.05%以下になることが多い
楽天証券 売買無料 買付無料
売却時は
1000株まで$25
1000株超は
2セント/株
10万円/月毎に4ポイント(楽天ポイントに等価交換可能)、有効期限なし
マネックス証券 売買無料 買付無料
売却時は
約定代金0.45%
保有額×0.0067%、(WAONやNANACOに1ポイント1円)、有効期限3年
※NISA口座はポイント対象外
カブドットコム証券 買付無料
(売却時有料)
一部、売買無料あり
購入不可 100万円/月毎に1ポイント(100ポイント=1万円)、有効期限3年
※2017年5月12日時点

この表をもう少し細かく見ていきます。

100万円分の投資信託を保有していた場合

SBI証券:100万円×0.1%=1000ポイント/年 → 800円/年

楽天証券:100万円÷10万円×4ポイント=40ポイント/月 → 40ポイント×12ヶ月=480ポイント/年

カブドットコム証券:100万円=1ポイント/月 → 1ポイント×12ヶ月=12ポイント/年 → 1,200円/年

マネックス証券:100万円×0.08%÷12=66.6ポイント/月 → 66.6円×12ヶ月=799.2円


ポイント還元だけで言うと、カブドットコム証券がトップですが、ポイント交換単位が高く、有効期限内に失効する可能性があります。

SBI証券はアクティブファンドでなら良いですが、インデックスファンドだと楽天証券に還元率は劣る可能性が高いです。(購入予定のファンドによる)

マネックス証券に関しては、NISA口座はポイント対象外なのでご注意ください。

まずは購入したいファンドがある証券会社を優先させましょう!

また、購入したいファンドが、どの証券会社にもあって、それがインデックスファンドの積立てならポイント還元を考慮して楽天証券の方がおすすめです。

★なぜポイント還元率が低い楽天証券がおすすめか?
以前の「投資信託の選び方は?長期保有する場合のポイント!」という記事内で、各証券会社のポイント還元について紹介しています。
細かなルールを見ると、人によっては私のように楽天証券の方が良いと思うはずですよ!

次に、海外ETFの売買手数料に注目してみます。

笑

海外ETFの代表格である「バンガード・トータル・ワールド・ストック(通称:VT)」で比較してみますね。
(※価格は約67ドル、1ドル114円(2017年5月12日時点)⇒1株:7,638円、100万円で130株、1000万円で1,300株購入可)

海外ETFを100万円分売却した場合の手数料

SBI証券:100万円×0.45%=4,500円

楽天証券:130株まで25ドル=25ドル×114円=2,850円

カブドットコム証券:購入不可

マネックス証券:100万円×0.45%=4,500円

海外ETFを1,000万円分売却した場合の手数料

SBI証券:1,000万円×0.45%=45,000円

楽天証券:1000株まで25ドル、以降2セント/株=25ドル+300株×2セント=31ドル → 31ドル×114円=3,534円

カブドットコム証券:購入不可

マネックス証券:1,000万円×0.45%=45,000円


海外ETFの売却手数料を考えると、楽天証券が頭1つ抜けて安いです。

ポイント

海外ETFを購入するつもりなら、楽天証券ははずせませんよ!

ここまでで、銀行よりも証券会社の方がNISAに向いているということが伝わったでしょうか。

既に銀行でNISA口座のある方でも、証券会社に変更する手続きは簡単です!

金融機関を変更する方法

銀行のNISA口座を解約(廃止)してから証券会社にNISA口座を変更することは簡単ですが、変更する時期が決まっています。

■金融機関変更のタイミング

変更期間:変更したい年の前年の10月1日~変更したい年の9月30日

(ただし、変更したい年に前の金融機関でNISA口座枠を使用していないことが条件)

手続きの流れは下記のフローチャートを参照下さい。

nisa_kinnyuukikannhennkou1

★口座変更の手続を詳しく知りたい方へ
以前に『NISAの金融機関変更手続きについて!意外な落とし穴が!?』という記事で金融機関の変更方法について紹介しています。
銀行から証券会社に変更予定の方は参考にしてみて下さい。

まとめ

  • NISAで資産運用するなら銀行よりも証券会社がベスト!
  • 証券会社はネット証券がオトク!
  • 海外ETFを検討してるなら楽天証券がベスト!
  • NISA口座の変更手続きは簡単にできる

NISAで資産運用するなら銀行よりも証券会社の方が利便性も安さも遥かにオトクです。

個人的にはネット証券と比べて銀行でNISAを開設する意味はないと思っています。

強いて言えば、銀行員からアドバイスをもらいながら資産運用ができることです。

ですが、その銀行員の方がお客さんの事を考えてアドバイスをしてるのか、自分の営業成績のことを考えてアドバイスをしているのか見極める必要があります。
(やたらと手数料が高い投資信託を薦める人は要注意だと思います。)

ポイント

今回の授業で証券会社にメリットを感じたら、証券会社に口座を開設してみましょう!

ファイナンシャルプランナー&サイト管理人 キリコ

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
多くの方が元本確保しながら単利7%以上期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links