悩

投資信託でノーロードのファンドってどれがおすすめなんですか?

ポイント

おすすめのファンドを探すなら、まずはノーロードファンドの特徴を理解すると探しやすくなりますよ!

ノーロードのファンドは国内に1,000本以上あり、全てを比較しようとするととても大変です。

でも、このノーロードのファンドの特徴を理解することで、ファンドの数は絞り込むことができ、比較も用意になります。

笑

今日の授業はノーロードのファンドについて下記を紹介するよ!

  • ノーロードの特徴からおすすめファンドを絞る
  • ノーロードのファンドを比較

では、ノーロードファンドの特徴から紹介します!



Sponsered Links


ノーロードファンドの特徴からおすすめファンドを絞る

ノーロードでおすすめと言っても、1,000本以上あって、それぞれのファンドに特徴があります。

今はロボット系の企業の株価が上がってるから、それに投資しているファンドがおすすめ!とか、景気が悪いからリターンが高い新興国の債券がおすすめ!などその時の時勢によっておすすめは変わってきます。

ですが、世界がどのような経済状況であっても、安定して変わらず、万人におすすめしたいファンドというのがあります。

そのファンドを紹介するためにも、まずはこのノーロードのファンドの特徴を理解することが肝心です。

それでは、まずはノーロードファンドの特徴について紹介します。

ノーロードのファンドの特徴

そもそもノーロードとは購入手数料が無料のファンドのことです。

信託報酬料や信託財産留保額の全てのコストが無料になるわけではないので、勘違いしないようにしてください。

ノーロードは英語にすると『no load』で、直訳すると『無負荷』になります。

つまり、手数料って負荷(負担)なんですよね。

だからこそ、ノーロード(無負荷)のファンドは重宝されます。


というのも、投資信託は積立てて購入している方が多いと思います。

毎回購入するたびに、数%の手数料を取られていたら運用効率は悪くなります。

そうした観点から、コストが安い、まして無料であれば運用効率がグッとあがることに繋がります。

だからこそ、ノーロードのファンドはおすすめなんです!

笑

私も積立しているファンドがありますが、ノーロードからしか選んでいません!

★もっと運用効率を上げるためには?
楽天証券など証券会社によっては、投資信託の保有に応じたポイント制度を導入している所もあります。
これを活用することで、更に運用効率は高くなります!
詳しくは以前に紹介した下記の記事をご覧ください。
投資信託の選び方は?長期保有する場合のポイント!

どんなノーロードのファンドがおすすめか?

投資信託に掛かるコストは、次の3つです。

■投資信託に掛かるコスト

  • 販売手数料:ファンドにもよりますが、無料のものから、3%程度かかります。無料のものをノーロードと呼びます。
  • 信託報酬料:ファンドの運営費用です。主にファンドの人件費や株式等の売買手数料になります。
  • 信託財産留保額:売却手数料のことで無料のものが多いですが、中には0.5%程度かかるファンドがあります。

繰り返しますが、投資信託の運用効率を高めるためにはこれらのコストをなるべく安く抑える必要があります。

ノーロードのファンドを選んで、せっかく3つあるコストの内の1つを抑えることができるなら、残りの2つも出来る限り抑えたい所です。

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドの2種類が存在します。簡単に紹介すると、、、

  • インデックスファンド:日経225などの指数に沿った運用を目指すファンド
  • アクティブファンド:日経225などの指数を超えた運用を目指すファンド

単純に見ると、指数を超えて運用してくれるアクティブファンドの方が利益が多くでて良さそうですが、実際はインデックスファンドと利益がそんなに変わらない上に、手数料が割高になるということが言われています。(※全てのアクティブファンドが悪いというわけではありません。)

詳しくは『投資信託はインデックスファンドで積立てよう!その理由は?』の記事にて、なぜインデックスファンドの方が優れているのかを紹介しています。

こうしたことから、ノーロードのファンドでコストを抑えた投資をして、運用効率を高めるならインデックスファンドに絞って投資をすべきと考えています。

インデックスファンドでいくつかの資産クラスを組み合わせれば、世界の経済状況がどのような状況下であっても比較的安定した運用が可能になります。

笑

なるほど!それじゃ、ノーロードの中でもインデックスファンドを選べばいいんだね!

悩

でも、ノーロードのインデックスファンドならどこがおすすめなの?

資産クラス別おすすめのノーロードインデックスファンドを比較

noload_osusume1

投資信託には資産クラスがいくつかあり、代表的なものは下記になります。

■投資信託における資産クラスの紹介

  • 日本株:日本の株式市場に投資するファンド
  • 日本債券:日本国債や公社債に投資するファンド
  • 先進国株:先進国の株式市場に投資するファンド
  • 先進国債券:先進国の国債や公社債に投資するファンド
  • 新興国株:新興国の株式市場に投資するファンド
  • 新興国債券:新興国の国債や公社債に投資するファンド

インデックスファンドを比較する上で重要視されることは、いくつかありますが、

最重要ポイントは、コストが安い!これにつきます。

次いで、重要な要素は純資産の大きさが挙げられます。

純資産は、株式等を売買するための運転資金です。これが、潤沢でないと、目標とするインデックスに近づけることが難しくなります。

これらを基準に各資産クラスでおすすめのノーロードインデックスファンドをランキング形式で1つずつ比較しながら紹介していきます。(※2017年7月22日時点)

日本株

nihonkabu_fund

日本株で選ぶならこの中からでしょう。

どれもノーロード(購入手数料が無料)で、信託報酬料も同じ、信託財産留保額(売却手数料)も無料です。

特に1位の1ニッセイTOPIXインデックスファンドは純資産が100億円近くあり、2位、3位のファンドよりも圧倒的に多いです。

資金が潤沢であれば、円滑に株式の売買ができ、目標とするインデックスに近づけられます。

日本債券

nihonkokusai_fund

純資産の少なさが目立つものの、信託報酬料が最も安い『eMAXIS Slim国内債券インデックス』を1位としました。

国内債券の場合、頻繁に売買を繰り返すようなものではないので、純資産が少なくても大きく問題になることはないと思います。

先進国株

senshinkokukabu_fund

先進国株のノーロードインデックスファンドを選ぶなら、迷うことはありません!『ニッセイ外国株式インデックス』の1択と言ってよいでしょう。

信託報酬料が安い上に、純資産が豊富です。

eMAXIS Slimシリーズは各資産クラスのコスト最安値を目指して2017年から始まりましたが、新設ファンドなので投資家からの資金が集まらず純資産が少ないです。

先進国債券

senshinkokusai_fund

先進国株と同じ会社のファンドがランクインです。

同じ理由で、信託報酬料と純資産を考慮して『ニッセイ外国債券インデックスファンド』を1位としました。

新興国株

shinkoukokukabu_fund

新興国に関しては悩ましい所です。

信託報酬料や信託財産留保額を考えると、『iFree』がダントツで良いのですが、純資産が少なすぎます。

どんなファンドでも基本的には10億円以上、理想は100億円以上欲しい所です。

ただ、iFreeの純資産は毎月右肩上がりで増えているので、今後も信託報酬料の低さから資金は集まると考えられます。

今後を見越して、iFreeを1位とします。

新興国債券

shinkoukokusaiken_fund

新興国株式と同様に『iFree』が信託報酬料で頭一つ抜き出ています。

ですが、純資産が心細いです。

こちらも、新興国株式のiFreeと同様に純資産は毎月増加傾向にあるので、今後を期待して1位としました。

驚

ノーロードのインデックスファンドに絞っても結構いっぱいあるんだね!

ポイント

そうだね!でも、証券会社によっては同じファンドでもノーロードになってないものもあるから、気をつけてね!

まとめ

ノーロードのファンドを選ぶときも、信託報酬料、信託財産留保額、純資産に注目して選びましょう!

厳密に言えば、他にもトラッキングエラー、リターン率、シャープレシオなども気をつけたい所です。

★コスト以外の重要な指標を知りたい方へ
ファンドは沢山の指標を参考にして選ぶ必要があります。手数料以外にも気をつけるべき指標はたくさんあります。
興味のある方は下記の記事をご参照ください。
投資信託の銘柄の選び方は?データを良く見て探してみよう!

日本や先進国の株・債券のファンドは各社の低コスト競争が激化して今に至ります。

ですが、新興国に関しては、まだまだこれからという感じです。

ですので、今回紹介した新興国のランキングは今後大きく変わるかもしれませんし、新たな低コストのファンドが参入してくるかもしれません。

現に2017年7月末よりeMAXIS Slimシリーズが新興国株に最安値の信託報酬料で登場するようです。

これを機に、新興国の低コスト競争が始まれば、投資環境がもっと改善しますね!

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
元本確保しながら最低でも7%以上の利率が期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links