悩

IPOってローリスク・ハイリターンの投資ですよね?だったら、これだけで生活できるんじゃないですか?

ニヤ

おぉ!それなら学校卒業しても俺働かなくていいじゃん!

仕事を辞めたい!、お金の悩みから開放されたい!

そう思って不労所得を得る方法を探しているサラリーマンの方は多いと思います。

IPOはローリスク・ハイリターンな投資方法ですが、はたして夢の不労所得生活はできるのか?

そう考えた方も多いと思います。

ポイント

今日の授業は、実際にIPOだけで生活ができるか検証していくね!
IPOだけで生活はできるのか?
 IPOは年間でどれくらい儲かる?
 年間に必要な生活費
投資はIPOだけでいいのか?



Sponsered Links


IPOだけで生活はできるのか?

IPO_dake

さて、本題のIPOだけで生活ができるかを検証していきます。

まずは、IPOに全て当選したら年間にどれくらい利益が期待できるのかを検証していきます。

IPOは年間でどれくらい儲かる?

過去のIPOの年間実績から、全て当選したらいくらくらいになるのかを計算してみました。

IPO_return

Total・・・IPOを初値売りした時の年間損益
上場数・・・各年に上場した企業の数
勝率・・・初値売りをして利益が出た割合
最大利益・・・各年で最も儲かったIPO利益
最大損益・・・各年で最も損したIPOの損失額

上記表で特に見て頂きたいのは『Total』で、過去16年間の平均を見ると、毎年約2,200万円の利益が出ていることがわかります。

全てのIPOに当選して、初値売りをすれば平均年収2,200万円!サラリーマンの平均年収を余裕で超えます!!

驚

おぉぉ!俺、学校辞めてIPOだけやって生活することにします!

呆

いや、待って!IPOは宝くじみたいなモノだから上場する株全部を買うのは無理だと思うよ・・・

IPOの当選確率はどの程度か?

ご存知の通り、IPOは抽選で購入権利を得ますので、全てを買うことは実質不可能に近いと思います。

その当選確率に関しては、公表されている数字がないので平均してどれくらい当たるかは分かりません。

ネットを色々とみていると、当選確率は50%という人もいれば、1%未満という方まで様々です。

私自身の実績だと3%前後です。(私の場合は初値が下がりそうなIPOは除外して買っています。)

IPOは証券会社毎のルールや、資金が潤沢にあると当選確率を上げられるので、5~10%くらいまでは現実的な数値だと思っています。

ということは、年平均で約2,200万円の利益が期待できるので、当選確率が5~10%と仮定すると、年間で110万円~220万円ほどの利益が見込めるという計算になります。

★IPOの当選確率を上げる方法
以前の記事で各証券会社のIPO抽選のルールや、当選確率を上げる方法を紹介しています。気になる方は参考にしてみて下さい。
IPOの申し込み株数と当選確率の関係!多いほど当選するの

年間に必要な生活費

IPOだけで生活をすることを考える上で、生活費はいくらくらい必要なのかを考えてみます。

総務省統計局のデータによると、月々の支出は単身世帯で約16万円(年間約192万円)、二人以上の世帯で約29万円(年間約348万円)です。

当選確率が10%だと、220万円ほどの利益が見込めるので、単身世帯なら何とかやっていけるレベルです!

ですが、実際にIPOをやってみると分かると思いますが、本当に当たりません!!(汗)

手元に大量の資金があれば、SBI証券での当選確率は飛躍的に上がると思いますので、当選確率10%以上も狙えて単身世帯ならIPO生活できるかもしれません。

★なぜ大量の資金があればSBI証券の当選確率が上がるのか?
SBI証券はIPOの主幹事・幹事が最も多い証券会社です。申込株数に応じて当選確率も上がりますので、現金を沢山持っている方の方が有利です。詳しくは過去の記事でSBI証券で当選確率を上げる方法にて紹介していますので、ご参照ください。
IPOのSBIでの買い方!当選確率を上げる3つのテクニック!



Sponsered Links


投資はIPOだけでいいのか?

IPOのことを調べていくと、『セカンダリー投資』という言葉を耳にするケースもあると思います。

IPOとセカンダリーの投資スタイルの違いについて簡単に紹介すると、

IPO:未上場の株を買い、上場直後(初値)で売ること
セカンダリー:新規上場した株を初値で買うこと

新規上場した株は上昇傾向にあって、初値で買うとしばらくは株価が上昇するというのが一般的に言われていることです。

ですが、実際には初値をつけた後に急落することも少なくないので、IPOと比べると儲かる確率はグッと低くなります。

ですので、セカンダリー投資だけで生活するのは難しいというのが個人的な見解です。

投資にはIPO以外にも不動産、投資信託、FX等々様々なものがあります。

すぐにリタイアして不労所得を得る生活は難しいですが、投資信託でインデックスファンド投資をすれば、リタイアまでの期間を短くすることは可能です。

★インデックスファンド投資とは何か?
過去の記事で、投資信託におけるインデックスファンドや、積立投資の実践方法を紹介しています。今ある資産を活用してリタイアまでの期間を短くしたい方であればご参照ください。
投資信託はインデックスファンドで積立てよう!その理由は?
インデックスファンドで積立投資!始め方から売り方の7STEP

まとめ

  • IPOに全て当選すれば年平均で2,200万円儲かる
  • IPOの当選確率は高くても5%~10%程度
  • 当選確率を10%程度まで引き上げれば単身世帯ならIPOだけで生活可能
  • セカンダリー投資だけでの生活は難しい

IPOは超ローリスク・ハイリターンの投資です。

元本割れのリスクが低い分、当選確率が非常に低く、当たれば大儲けというような元手がほとんどいらない宝くじのようなものです。

本文でも紹介した当選確率を上げるテクニックを使えば、ある程度は当たりやすくなりますが、それでも運による要素がとても強いです。

ですので、IPOだけで生活するというのは難しいというのが私の見解です。

笑

IPOにチャレンジしつつ、他の投資も実践してリタイアまでの期間を短くする方が堅実だと思います!

ファイナンシャルプランナー&サイト管理人 キリコ

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
多くの方が元本確保しながら単利7%以上期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links