2017年1月1日から始まるイデコ(iDeCo)!楽しみですね^^

個人型確定拠出年金の対象者が増えるという解説はよく見かけますが、自分は対象になるのか疑問ですよね?

サラリーマン・公務員・会社員・専業主婦・個人事業主等々はイデコの各入資格はあるのか?拠出できる限度額はいくらまでなのか?

イデコについて詳しくご紹介していきます。

笑

今日の授業は『イデコの加入資格対象者と各々の限度額について』です!
対象者が増えるのは事実ですが、対象者によって毎月拠出できる限度額が異なるのでよく聞いておいてくださいね!



Sponsered Links


イデコの対象者と限度額

個人型確定拠出年金(イデコ)は、これまで自営業の方と一部の会社員の方(企業型確定拠出年金や企業年金がない会社務めの方)しか加入資格はありませんでした。

しかし、2017年1月1日からは、会社員(企業型確定拠出年金や企業年金がある会社務めの方)、公務員、主婦も加入対象となりました。

ideko_taisyou2

ご自分の職業によってイデコに毎月拠出(投資)できる限度額が決まっています。

それぞれの職業に応じた限度額は次の通りです。

■職業別のイデコ(iDeCo)に毎月拠出(投資)できる限度額

  • 自営業:68,000円
  • 会社員(企業型確定拠出年金なし・企業年金なし):23,000円
  • 会社員(企業型確定拠出年金あり・企業年金なし):20,000円
  • 会社員(企業型確定拠出年金なし・企業年金あり):12,000円
  • 会社員(企業型確定拠出年金あり・企業年金あり):12,000円
  • 公務員:12,000円
  • 主婦:23,000円

悩

会社員の企業型確定拠出年金とか企業年金って、自分が入ってるかどうか確かめる方法ってあるんですか?

ポイント

会社の人事に問い合わせるか、社内の人事部のホームページに記載されていることが多いよ!

全てのサラリーマンが加入対象ではありません!
サラリーマンでもイデコに入れるようになったという情報が飛び交っていますが、全てのサラリーマンが入れるわけではないです。特に大企業の方は難しいかもしれません。詳しくは、下記の授業で「サラリーマンがイデコへ加入できる条件」の章を参考にしてみてください。
イデコは企業型確定拠出年金と併用できないこともあるって本当?!


イデコの節税メリットと職業別の節税効果をシミュレーション!

イデコの最大のメリットは何と言っても節税効果です。

イデコの場合は住民税、所得税、復興税の3つの税金に対しての節税効果があります。

■イデコで節税される税金の種類
  • 住民税:課税所得の10%を課税
  • 所得税:課税所得に応じたて5%~45%を課税
  • 復興特別所得税:所得税に対して2.1%の課税

※課税所得について
源泉徴収票に載っている『給与所得控除後の金額』から『所得控除の額の合計額』を引いた額のこと。

gensentyousyuhyou

(例)課税所得:3,460,000円 - 1,000,000 = 2,460,000円


 

住民税は一律10%ですが、所得税は課税所得に応じて税率が異なります。

詳しくは下表を参照ください。

■課税所得にかかる税率

syotokuzeiritsu

イデコに投資すると、源泉徴収票の所得控除の額が増えますので、所得から控除される額が増え、課税対象となる額が減ります!

驚

イデコに投資した額だけ節税効果が発揮されるんですね!

イデコに拠出した場合の職業別の節税メリットをシミュレーション

ideko_taisyou4

職業別に年間でどれくらい節税メリットがあるのかを試算してみました。

※試算基準として、所得税率を20%、拠出額を最大額として計算

【自営業 拠出額68,000円/月(年間816,000円)】
住民税:816,000円×10%=81,600円
所得税:816,000円×20%=163,200円
復興特別税:163,200円×2.1%=3,427円
節税メリット:81,600円+163,200円+3,427円=248,227円

【公務員 拠出額12,000円/月(年間144,000円)】
住民税:144,000円×10%=14,400円
所得税:144,000円×20%=28,800円
復興特別税:28,800円×2.1%=588円
節税メリット:14,400円+28,800円+588円=43,788円

【会社員(企業型確定拠出年金あり・企業年金あり) 拠出額12,000円/月(年間144,000円)】
住民税:144,000円×10%=14,400円
所得税:144,000円×20%=28,800円
復興特別税:28,800円×2.1%=588円
節税メリット:14,400円+28,800円+588円=43,788円

【会社員(企業型確定拠出年金なし・企業年金あり) 拠出額12,000円/月(年間144,000円)】

住民税:144,000円×10%=14,400円
所得税:144,000円×20%=28,800円
復興特別税:28,800円×2.1%=588円
節税メリット:14,400円+28,800円+588円=43,788円

【会社員(企業型確定拠出年金あり・企業年金なし) 拠出額20,000円/月(年間240,000円)】
住民税:240,000円×10%=24,000円
所得税:240,000円×20%=48,000円
復興特別税:48,000円×2.1%=1,008円
節税メリット:24,000円+48,000円+1,008円=73,008円

【会社員(企業型確定拠出年金なし・企業年金なし) 拠出額23,000円/月(年間276,000円)】

住民税:276,000円×10%=27,600円
所得税:276,000円×20%=55,200円
復興特別税:55,200円×2.1%=1,159円
節税メリット:27,600円+55,200円+1,159円=83,959円


所得税率が20%なら、毎月10,000円(年間120,000円)の拠出あたり36,504円の節税ができます。

12万円で3万5千円の節税ができるってすごくないですか?

銀行に12万円のお金を預けても利率が0.001%程度なので、1年間貯蓄しても1円しか利息がつきません・・・。



Sponsered Links


主婦には節税メリットがない?!

ideko_taisyou5

困

あれ?先生、主婦の場合の情報がなかったんですけど・・・?

困

主婦の場合は正直な所、節税のメリットはほとんどありません。ないと言ってもいいくらいです。

なぜ、主婦の場合は節税メリットがないかというと、所得税や住民税が発生するほど収入がないからです。

世間一般の主婦の場合は無収入もしくはパート収入で98万円、103万円、106万円、130万円、150万円のいずれかを収入の限度としている事が多いです。

それぞれの金額を限度額とした理由はあるのですが、話をすると長くなるのでここでは簡単に紹介します。

■世間一般の主婦がパート収入で上限と決めている金額の目安と理由

  • 98万円:所得税も住民税も一切かからない限度額
  • 103万円:住民税が5千円程度かかるが所得税は無税。旦那が配偶者控除を受けられる限度額(現在、法改正中のため配偶者控除が変更される可能性あり)
  • 106万円:週20時間以上、勤続1年以上、従業員501人以上であれば、社会保険の加入が必須(2016年10月より)
  • 130万円:106万円の条件を満たさなくても社会保険の加入必須
  • 141万円:旦那が配偶者控除を受けられなくなる。(現在、法改正中のためや配偶者控除が変更される可能性あり)
  • 150万円:住民税が5万円程度かかるが所得税は無税。旦那が配偶者控除を受けられる限度額(現在、法改正中のためや配偶者控除が変更される可能性あり)

これらが俗に言う、98万の壁、103万の壁、106万の壁、130万の壁、141万の壁、150万の壁というやつです。

ここで、主婦の方が節税メリットを受けるのに必要な年収を考えてみます。

■主婦がイデコの節税メリットを受けるには年収がいくら必要か?

イデコの節税メリットは住民税・所得税・復興特別所得税です。

住民税は98万円を超えた額の10%、所得税は103万円を超えた額の5%、復興特別所得税は所得税の2.1%が税金として発生します。

イデコの拠出額の最低単位は職業問わず、5,000円(60,000円/年)ですので、それ以上の税金が発生する収入がないと節税メリットがありません。

60,000円以上の住民税・所得税・復興特別所得税が発生するのは140万円程度の収入がです。

そうなると、130万円以上の収入となるため社会保険の加入が必須になります。

国民年金が月に約1万5千円(年間18万円)、国民健康保険(国保)が月に約5千円(年間6万円)が発生し、年間25万円ほど支出が増えます。

加えて、旦那さんの配偶者控除がなくなることもあり、160万円以上の収入が必要となります。


お子さんのいる家庭でしたら、主婦の方がパートに出られる時間は9:00~14:00(5時間程度)の方が多いのではないでしょうか。

時給800円、週5回勤務、5時間労働でも月8万円、年間100万円程度の収入が限度です。

このような背景から、160万円以上をパート等で稼ぐ主婦の場合はイデコの節税メリットが受けられますが、それ以下の場合はデメリットの要素の方が多いです。

まとめ

  • 2017年1月から、ほぼ全ての会社員、公務員、主婦がイデコ(個人型確定拠出年金)も対象に
  • 公務員の場合、45,000円程度の節税メリット
  • 会社員の場合、45,000円~75,000円程度の節税メリット
  • 主婦の場合は160万円以上の収入がないと節税メリットなし

サラリーマン(会社員・公務員)や自営業の場合、毎月1万円の拠出で年間に3万5千円程度の節税メリットがあります。

利率換算すると利率30%くらいの投資です。

こんなに還元率の高い投資はないので、毎月最低拠出額の5,000円/月以上の余力がある方は積極的に活用したい制度です。

驚

イデコって知らなかったなぁ~。こんなにオトクな制度が始まろうとしてたんだ!

笑

イデコは国民のほとんどが知らない制度かもしれませんが、政府から『自分の老後資金は自分で作りなさい』というメッセージが伝わってきますね。

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
元本確保しながら最低でも7%以上の利率が期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links