今年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました!

2016年のランキングはこんな感じでした。

1位 ニッセイ外国株式インデックスファンド
2位 たわらノーロード先進国株式
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
4位 iFree8資産バランス
5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
6位 ひふみ投信
7位 ひふみプラス
8位 世界経済インデックスファンド
9位 ニッセイTOPIXインデックスファンド
10位 セゾン資産形成の達人ファンド
11位 結い2101
11位 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
13位 Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型
14位 たわらノーロード新興国株式
15位 eMAXISバランス(8資産均等型)
16位 SMT米国株配当貴族インデックス・オープン
17位 SPDR S&P 500 ETF
18位 SMTダウ・ジョーンズインデックス・オープン
20位 DCニッセイ外国株式インデックス
20位 SMTグローバル株式インデックス・オープン
20位 ひふみ年金

私的には2016年にはなかった新設ファンドですが、文句なしで、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』に満点投票です!

これは3位のバンガード・トータル・ワールド・ストックETFに投資するファンドです。(ですので、実質昨年の3位相当?)

■楽天・全世界株式インデックス・ファンドへの投票理由

  • 憧れのVTに手軽に投資できる
  • VTと違い為替手数料、二重課税の問題を回避
  • まとまったお金がなくてもドルコスト平均法で積立てられる

インデックス投資を初めて、100万円くらいのまとまったお金ができたらいつかはVTへ切替えるぞ!

こう思って投資信託を始めた方もいらっしゃると思います。私はそうでした。

VTに投資したいと思っても、まとまったお金はすぐにはできないし、ドルコスト平均法で積立てるのも難しいという現実があってなかなか手が出しにくいのが現状です。

それを『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は解決してくれました!

毎月100円から積み立てできるから、ドルコスト平均法も使えて、100万円単位の資金も不要!

まぁ、その代わり信託報酬料がVTよりも高くなってるんですけど・・・(^o^;)

それでも、既存の先進国や新興国の株に投資するインデックスファンドよりも信託報酬料は低いです!

インデックス投資家でVTが投資する対象地域の比率が自分の考えとそこまでズレがないならコレしかない!って感じです。

たしか2017年の9月末頃にできたファンドなので、純資産が少ないですし、実質コストがどのくらいかかるかは不明です。

ですが、VTのETF1本を買うだけのファンドなので、実質コストはそんなにかからないと思います。

来年の1月13日に結果発表だそうなので、どうなるか楽しみです!

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
元本確保しながら最低でも7%以上の利率が期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links