悩

投資信託で積立するのが良いってのは分かったけど、いつどうやって利益確定すればいいの?おすすめの売り方とかタイミングってあるの?

困

私も気になる~!積立て方については詳しく紹介されているのが多いけど、売り方についてはあんまり見かけないんだよね・・・

目標金額と期間を決めて投資信託を始めたものの、いつ・どのタイミングで・どうやって売ればいいの悩ましい所だと思います。

私もこの点について色々なサイトや書籍を調べたのですが、しっくりくるものがなく、考え抜いた結果、1つの答えにたどり着きました。

笑

今回の授業は老後を見据えた上で、積立投資をした投資信託の売り方を中心に紹介します。

  • どのタイミングで利益確定すればいいのか?
  • ファンドの売り方
  • 売る時は税金も考慮しよう!

それでは、売るタイミングから紹介しますね!



Sponsered Links


どのタイミングで利益確定すればいいのか?

toushishintaku_riekikakutei1

投資信託に限らず株でもなんでもそうですが、買うタイミングよりも売るタイミングの方がはるかに難しいです。

なぜ、売るタイミングが難しいかというと、目標金額がなく、ただ単に儲けたいというだけで投資を始めた人が多いからです。

『いつまでに』、『いくら欲しい』かこの目標金額を明確にした上で投資は始めるべきです。

利益目的で投資を始めてしまっている方でも遅くありません。

投資したそのお金で何をしたいのか?(物が欲しい、老後の年金の足しにしたい、子供の大学費用にしたい)

こうしたことを考えると、目標金額は自然と決まってきます。

まずは、この目標金額が決まっていることを前提に利益確定のタイミングについてお伝えします。

利益確定のタイミングは?

目標金額が決まっていれば、利益確定のタイミングはその金額に達した時です。

欲を出して、保有し続ければ目標金額から遠のく可能性もあります。

『今はアベノミクスで日本株は好調だから』、『NYダウがずっと最高値を更新し続けているから』と言った安易な理由で保有し続ければ、いつかリーマンショックのような大事件が起きて大幅に値下がりするかもしれません。

だからこそ、目標金額に達した時点で潔く売り払いましょう!

笑

欲を出すと損する事もあるってことだね!

悩

でも、使いたい時まで時間がある場合どうやって売るの?一括?それとも少しずつ?



Sponsered Links


ファンドの売り方

売るタイミングは目標金額に達したときで、その時の経済状況が良かろうが、悪かろうが関係ないことはお伝えしました。

積立投資をしたお金で車や家を買う、はたまた老後の年金に使いたい。

色々な理由で積立てをしておられると思います。

目標金額に達したものの、理想の家がまだ見つかっていない。

老後の年金にするなら一括で受け取ってよいのか?

こうしたことで悩まれる方も多いと思います。

目標金額に達したものの、使うまでに期間がある場合はどうやって売っていくのが良いのかを次のいくつかのパターンで考えてみます。

■投資信託の売り方

  1. 一括で解約して現金で保有
  2. 少しずつ部分的に解約
  3. 安全資産(国内債券)に移して部分的に解約

①一括で解約して現金で保有

オススメしたい人:数日~数ヶ月内に使用予定の方
メリット:株価や債券価格に影響されず確実に受け取れる
デメリット:使用するまでの期間が長いとインフレが起きた場合、不足する可能性がある

車や家を買うなど比較的短期間でお金を使う予定であれば、現金に変えてしまった方が目標金額から減るリスクを回避できます。

保有し続ければ、目標金額よりも増えるかもしれませんが、その逆もありえるからです。

ただし、長期で現金保有しているとインフレが起きた場合、お金の価値が下がって予定通りの物が買えないかもしれません。

ですので、数日から数ヶ月内に使用予定の資金であれば、一括で解約して利益確定を行うべきです。

②少しずつ部分的に解約

オススメしたい人:長期的に使用予定の方(主に老後の生活費として受け取り)
メリット:インフレ・デフレに左右されない
デメリット:資産が減る可能性もある

老後の生活費として受け取りたいのであれば、毎月一部を切り崩していくのがベストです。

一括で解約してしまうと、インフレリスクがあるため、数十年先まで予定通りにお金を使えないかもしれません。

一方、リーマンショックのような事が起こると大きく資産が減る可能性があります。

ですが、このデメリットはある程度回避できます。

インデックスファンドに投資していれば長期的には回復傾向が期待できるからです。

解約をし始めた矢先に、株価などが大暴落しても数年内に戻ることは歴史が証明しています。

ですので、解約をし始めた当初は資産が多く残ったままで運用継続となるので、長期的には大きな影響は考えにくいです。

また、ある程度経ってから暴落した場合でも、そもそも保有している資産が少なくなっているので影響はすくないはずです。

こうしたことから、長期的に使用予定の方は資産クラスを変更することなくそのまま保有しながら一部を毎月解約していくといいです。

驚

積立てのドルコスト平均法の逆バージョンみたいですね!

③安全資産に移して部分的に解約

安全資産というと代表的なものが日本債券ですが、これに移して部分的に解約することはあまりオススメできません。

いくら安全と言われる国内債券だからといってもリスクがないわけではありません。

①のような直近でお金を使用予定の方にとっては、せっかく目標金額まで積立てたお金を危険にさらすメリットがありません。

②のように何十年というスパンで長期的に一部分を解約する方にとっては、②で伝えたようにデメリットは回避できるものなので、わざわざ安全資産に移し変える必要がありません。

こうしたことから、安全資産(国内債券)に移し変えて部分的に解約するという方法はあまり意味がないと考えています。



Sponsered Links


売る時は税金も考慮しよう!

投資信託の売却には利益に対して約20%の税金が発生します。

(例)税金の計算方法
投資額:1000万円
売却時の評価額:1500万円
税率:20.135%

(1500万円-1000万円)×20.315%=1,006,750円


驚

500万円の利益がでたら100万円以上税金がかかるんだね!

一般口座や特定口座で積立てていると上記の計算式で税金が発生します。(NISA口座なら非課税です。)

このように、利益の約20%は税金でなくなることも想定して目標金額を決める必要があります。

★投資信託にかかる税金について
投資信託の税金については下記の2記事で詳しく紹介しています。
>投資信託に関する一般的な税金:投資信託にも税金がかかる?!確定申告しないといけないの?
>NISAで外国株を運用している場合の税金:NISAでも外国株の配当は課税される?驚きの内容がココに!

まとめ

  • 売るタイミングを決めるには目標金額を設定すること
  • 目標金額に達したら売ることを考える
  • 短期間で使用するお金は一括で売る
  • 長期的に使用するお金は部分的に解約していく

株や投資信託だけでなく、不動産投資、FXなどあらゆる投資に関して売るタイミングというのは難しいかとされています。

ですが、それらの資産を買う前から目標金額を決めておけば、売り時というのは明白です。

あとは、どうやって売っていくのかが課題ですが、今回紹介した売り方が参考になれば幸いです。

笑

私は老後を見据えてインデックスファンドに積立て投資をしているので、定年を迎えたら毎月少しずつ切り崩していく予定です。

最後まで読んでくれた方に耳より情報

私が実践している、ほぼノーリスクでハイリターンの投資方法を最後まで読んでくれた方に紹介します。
それは個人年金保険と節税を組み合わせた手法です。
元本確保しながら最低でも7%以上の利率が期待できます。
詳しくは下記の記事を参照下さい。

ほぼノーリスクハイリターンの投資方法!元本確保しながら資産運用を


Sponsered Links